ザ・ニシキタクリニック CHRIS
10:00〜20:00 定休日/年中無休(年末年始を除く)
当サイト内の料金は全て税別表示となります。
《当院を1年以内に1度でもご利用いただいたお客様全メニュー(一部を除く)消費税を50%減税させて頂きます》
ワキガ・多汗症 〜WAUKEGAN , HYPERHIDROSIS〜
こんなお悩み、あなたはありませんか?
  • 汗のにおいが気になる
  • 洋服のわきの部分に黄色い汗ジミができる
  • 冬でも汗の量が多い
  • 耳アカが湿っている
  • わきの下の毛が太い、または濃い
  • わきの下の皮膚が少し茶色っぽい
  • 家族の中にワキガ体質の人がいる
☆ひとつでも該当したら要注意です☆
シェービング法(イナバ式改良法)なので再発の心配がない!
ニシキタクリニック式理論に基づく「シェービング法(イナバ式改良法)」は、日本美容外科学会のシンポジウムでもその効果の高さで注目を浴びました。全国でもこのシェービング法で治療している病院は少なく、もちろんこの技術を会得した医師も数少ないのです。
この治療法は症状の程度に関係なく、再発の心配のない最も確実な治療方法です。汗腺が再発しないように厚さ1mm以下まで皮膚を削り取る方法ですから、他の方法と比較し、確実に治す事ができます。
この方法は第一段階としてカミソリの刃がついた特殊な器具(特許取得)を切開部分から差し込みワキガの原因となるアポクリン汗腺、多汗の原因となるエクリン汗腺を皮膚の裏側からまとめて削り取り、第二段階として院長が直接目で見て取り残しのないよう確認していく方法です。また、毛母細胞を除去するため脱毛効果もあります。
段階1
当クリニックでは、まず第一段階として、特殊のローラーを使いシェーピング法(イナバ式改良法)で行います。
皮下組織削除器
全体の形は大きなはさみのような形で、削り方は握る力で調整することができます。
下の写真のように、先端にはローラーとカミソリのようにするどい刃がついています。
手術範囲について
2~3cmほどの切開からカミソリの刃のような部分を真皮直下の脂肪組織へ侵入します。
皮膚の表面からローラーで押さえ付けながら動かし、皮膚の裏側から脂肪(皮下組織)・真皮の順に削っていきます。この段階で欲張って汗腺を取りすぎると皮膚へのダメージが大きくなり、回復までかなりの日数がかかってしまう為、この段階では5~6割の汗腺除去に抑えます。
段階2
その後、第二段階として、ローラーで取りきれない汗腺を医師が直接目で確認しながら取っていきます。
※当クリニックでは二段構えで行いますので再発の心配はございません。
● 治療時間は約40~50分
● 通院は治療日・ガーゼ交換(3日後)抜糸(一週間)の計3回
シェービング法 ¥399,000
多汗症で、ワキ以外にも手のひらや足の裏のボトックス治療も始めました
ワキ汗、手のひら・足の裏のベタベタを注射でストップ
ボトックスによる多汗症治療
両ワキ ¥35,000
手のひら ¥48,800
足の裏 ¥48,800
Scroll Up